「うちなーの伝統文化 私たちが繋つなぐ 美ら島の未来」をテーマに、第22回県中学校総合文化祭(主催・県中学校文化連盟、共催・県教育委員会など)が10日、浦添市てだこホールなどで開幕した。舞台や展示発表を通して、沖縄の文化や伝統芸能、創作活動の粋を発信する。11日まで。

県内42校254人による唄三線合奏で開幕した県中学校総合文化祭=10日、浦添市てだこホール

 オープニングセレモニーでは、県内42校254人の生徒が唄三線で「安波節」「安里屋ゆんた」「めでたい節」を合奏し、絶妙なハーモニーで会場を包んだ。

 宜野湾市立嘉数中学校3年の我部美妃さんは生徒を代表して「誇りあるウチナーの伝統文化を、美ら島の未来を力強くつなげていきましょう」とあいさつした。

 初日の舞台は、演劇や朗読、琉球舞踊、アナウンス、郷土芸能、マーチングなど。2日目は吹奏楽や合唱、ダンス、バンド演奏などがある。