沖縄タイムス+プラス ニュース

西田宗城さんがハーフ脊損3連覇 ぎのわん車いすマラソン

2016年12月12日 07:28

 【宜野湾】第28回ぎのわん車いすマラソン大会(主催・同実行委、共催・宜野湾市など)が11日、宜野湾海浜公園を主会場に開かれた。ハーフ(21・0975キロ)の部54人、3・5キロの部に56人、事前に申告したタイムとの差を競う1・5キロトリムの部には155人の計265人が参加し、沿道のボランティアらの声援を受けながら疾走した。

号砲を合図に一斉にスタートするハーフマラソンの選手ら=日、宜野湾海浜公園歓海門前(下地広也撮影)

 ハーフ脊損の部は西田宗城(ひろき)さん(32)=大阪府=が45分30秒の記録で3年連続4度目の優勝を果たした。他選手や自身の調子を見るため、前半は先頭を譲り、3周目から一気に独走状態にした西田さんは「4回、5回と連覇できるよう頑張りたい」と笑顔を見せた。

 同けい損の部は上与那原寛和さん(45)=沖縄市=が58分30秒で優勝した。リオデジャネイロ・パラリンピック出場後の疲れから「楽しく走って1時間を切れれば上出来と思っていた」という上与那原さんは「これを機にまた調子を上げていきたい」と話した。

 脊損の部に出場し、女性トップの7位だった喜納翼さん(26)=うるま市=には特別賞が贈られた。

 3・5キロの部では安村妃良梨(きらり)さん(15)=沖縄市=が3度目の挑戦で初優勝、記録は22分15秒だった。1・5キロトリム手動の部は那覇市の上原勇次さん(33)が誤差9秒、電動の部は名護市の前川泰鵬さん(16)が誤差6秒でそれぞれ優勝した。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS