沖縄県今帰仁村歴史文化センター(石野裕子館長)は11月29日、村保健センターで「多様な性を理解するための入門講座 LGBTって何だろう?~無意識に誰かを傷つけないために~」と題した講座を開いた。講師はセクシュアルマイノリティーを考えるサークル「nuge(ぬーじ)」を立ち上げた酒本萌子さんら3人。トーク形式の講座に、約40人が耳を傾けた。

講話する酒本萌子さん

誰でもトイレのマーク

講話する酒本萌子さん 誰でもトイレのマーク

 酒本さんは琉球大学在学中からLGBTに関心を持ち、現在は仕事の傍らnugeで活動する。この日は、同センターにあるトイレの一つを「誰でもトイレ」とし、nugeが作製したマークを貼った。性に関する基礎知識やセクシュアルマイノリティーへの配慮などについて語った。

 「もし、誰かにカミングアウトされたら、内容を勝手に誰かに漏らすこと(アウティング)は絶対にやってはいけない」などと強調。「好みと性は一緒か」との問いに、酒本さんは「同列にあるけど、次元が違うのではないかと思う。この質問はよく出る。nugeでがっつり話し合ってみたい」と答えた。

 酒本さんは最後に「性はその人のあり方で人それぞれ。他人が見た目で決めたり、こうであってほしいと制限できるものではない。誰かの性、あり方を大事にするのと同時にあなた自身の性、あり方も大事にされる社会に」と結んだ。

 石野館長は「今帰仁村では本年度、村内小中学校で混合名簿を導入した。画期的なことだと思う。その中で、本センターではこれまでトイレについての視点が抜け落ちていた」と説明。「性的マイノリティーの方たちが安心して使える、利用しやすいトイレとはどういうものか、模索し勉強を重ねてきた。そこから多様な性、LGBTについて学ぶこと、理解することで誰もが生きやすい地域になるのではないか」とあいさつした。(赤嶺幸代通信員)

誰でもトイレのマーク