沖縄タイムス+プラス ニュース

「墜落ではなく不時着水」と稲田防衛相 オスプレイ飛行停止申し入れ

2016年12月14日 09:21

 【東京】稲田朋美防衛相は14日未明、防衛省で記者団に「オスプレイが不時着水する事案が起き、大変遺憾」と述べた上で、「コントロールを失った状況ではなく、自発的にその場に着水したという説明を受けている」と話し、墜落ではないとの認識を示した。

名護市安部の海岸で発生したオスプレイ事故への対応について説明する稲田朋美防衛相=14日午前3時半すぎ、防衛省

 稲田防衛相は深夜に在日米軍トップのマルティネス司令官と電話会談し、事故原因の究明と日本側への情報提供をもとめ、安全性が確認されるまでは飛行停止するよう申し入れた。

 防衛省によると、マルティネス司令官は「沖縄の人々に与えたインパクト、重大性はよく理解している。事故原因については調査中。オスプレイは安全な航空機であると十分に理解してもらうために、できる限りのことはしたい」と返答。飛行停止については早急に検討する意志を示しただけだったという。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS