沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ墜落:名護市長「心配していたことが起きた」 対応を協議へ

2016年12月14日 09:33

 名護市安部の海岸で、普天間飛行場所属のオスプレイ墜落から一夜明けた14日午前7時半ごろ、稲嶺進名護市長は同海岸を訪れ、「心配していたことが起きてしまった。オスプレイが飛ぶ限り、住民は安心して暮らせない」とこわばった表情で話した。この後登庁し、緊急部長会を開いて対応を協議する。

航空写真で墜落現場付近を指し示し、「集落で起きたかもしれない事故だ」と怒りをあらわにする稲嶺進名護市長=14日午前9時15分、名護市役所

 東村の伊集盛久村長、大宜味村の宮城功光村長も同日、事故原因が究明されるまで、オスプレイの飛行中止を求めた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム