沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ事故・識者に聞く 青木謙知さん(航空評論家)二つの事故は要因違う

2016年12月15日 15:01

 名護市安部の海岸での墜落事故と、普天間飛行場での胴体着陸は、同じMV22オスプレイであるが、全く別の要因であり、連続して起きたのは偶然と考えるべきではないか。

青木謙知さん

青木謙知さん

 空中給油訓練中に、ホースがちぎれるというのは聞いたことがない。オスプレイ特有ではなく、どの航空機でも起こり得る。

 ブレードに当たれば破損するのは当然で、緊急事態だ。民間地上空を飛ぶわけにはいかない。海に落ちれば乗員が溺れる可能性もある。不安定な状態で長く飛ぶこともできず、ぎりぎりまで海岸沿いを飛行し、救助者のいる基地に近い海岸で降りたという操縦士の判断は正しかったと思う。

 胴体着陸も前輪が出なければやむを得ない。ジェット機のように固定翼モードのままだと滑走路上を滑走しなければならないが、ヘリコプターのように回転翼モードで垂直に着陸できたとすれば、それほど大きな破損はないだろう。

 いずれにしても、米軍の訓練はある時期、ある場所で集中的に実施することがよくある。地域住民は大きな不安を抱く。米軍は徹底的に事故原因を究明し、日本側に説明することが求められる。(談)

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS