沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ即時撤去と飛来禁止を 読谷村議会が抗議決議

2016年12月15日 22:12

 沖縄県名護市安部海岸でのオスプレイ墜落事故を受け、読谷村議会(伊波篤議長)は15日、12月定例会の最終本会議で、オスプレイの即時撤去やトリイ通信施設への飛来禁止などを求める抗議決議案と意見書案を全会一致で可決した。事故後、県内の議会で抗議決議が可決されたのは初めて。

名護市安部の海岸に墜落し大破したオスプレイ=14日午後3時24分(本社チャーターヘリから)

 抗議決議では、オスプレイの安全性に疑問が持たれる中、不安が現実になり県民に怒りと衝撃を与えたと指摘。ローレンス・ニコルソン四軍調整官の「被害を与えず感謝されるべき」という発言に対し「余りにも県民との考え方に開きがあり植民地意識丸出し」と強く批判した。

 事故原因の情報公開や海兵隊の撤退、日米地位協定の改定なども求めた。

 名護市議会(屋比久稔議長)は16日の定例会最終日で抗議決議案が提案し、賛成多数で可決される見込み。抗議決議案、意見書案ではオスプレイ配備撤回と、市辺野古の新基地建設断念を求める。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS