「韓国政府」というものが常にどんな時でも安定して腐敗した状態で描かれる韓国映画。立法・行政・司法の3権プラス、警察、病院、マフィア、富豪の皆さん等がどっぷり癒着して欲にまみれ、すてきな作品が生まれ、大きな感動やスリルを与えてくれる。観客も作り手も「国とは腐敗しているものである」という強固な定説の元に物語を共有している印象。 

「華麗なるリベンジ」

 この作品は上司のわなで罪人にされた検事と天才イケメン詐欺師が監獄で出会い、手を組み、腐敗した権力をぶち破っていく痛快エンタメ。主人公の検事は暴力的で、詐欺師は本当にひどい男で、もちろん政治家は悪いし法廷もクリーンじゃないし、マフィアも出てくるし、怖い人ばっかり!でも、監督によるとこれが韓国のリアル。連日の、お騒がせ大統領のニュースと合わせてお楽しみください。(桜坂劇場・下地久美子)

 ◇桜坂劇場であすから上映予定