沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍ヘリパッド完成、市民ら「悔しい」 反対訴え続ける覚悟

2016年12月17日 10:19

 沖縄防衛局と米軍関係者が東村高江周辺の米軍北部訓練場のヘリパッド完成を確認した16日、工事中止を求めてきた地元住民や市民は「工事を止められなかった」と悔しがり、早期完成を目指し急いだ工事の影響を懸念。建設現場で抗議した市民は「進入路は未完成。今後も工事は続く」と反対を訴え続ける覚悟だ。

H地区のヘリパッドの状況を確認する米軍と沖縄防衛局の関係者ら=16日、東村高江付近(読者提供)

 16日は、プレハブ小屋や仮設トイレを載せて、N1地区ゲートから出てくるトラックが確認された。高江区に住む東村議の伊佐真次さん(54)は「日米政府は返還式典のために“完成”という言葉が欲しいだけだ。今後、大雨や台風で工事を急いだ弊害が出てくるのではないか」と懸念した。

 抗議中、オスプレイ飛行再開打診との情報も入り、沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「胴体着陸も含め、何一つ原因究明されていない。飛行は到底許されない」と声を荒らげた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS