沖縄タイムス+プラス ニュース

貴乃花親方「疲れも吹っ飛んだ」 きょうから大相撲沖縄場所

2016年12月17日 11:14

 大相撲の巡業「沖縄場所」が17、18の両日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行われる。鶴竜、日馬富士の両横綱ら総勢約170人が16日、沖縄入りした。与論島出身の十両で、来年1月の初場所で入幕が確実視される千代皇(中部農高出)も参加する。「九州場所で勝ち越し、良い報告ができる。沖縄では生で大相撲の取組を見る機会が少ないので、手に汗握る本場の相撲を見せたい」と1年ぶりの沖縄場所に意気込んだ。

大相撲沖縄場所に向け沖縄入りした横綱の鶴竜(左から2人目)、貴乃花巡業部長(同4人目)、日馬富士(同6人目)ら=那覇港ターミナルビル

「本場の相撲を見せたい」と意気込む千代皇

大相撲沖縄場所に向け沖縄入りした横綱の鶴竜(左から2人目)、貴乃花巡業部長(同4人目)、日馬富士(同6人目)ら=那覇港ターミナルビル 「本場の相撲を見せたい」と意気込む千代皇

 那覇港ターミナルビルで歓迎式が開かれ、日本相撲協会巡業部長の貴乃花親方、両横綱らに花束が手渡された。先場所優勝した鶴竜は「力士が精いっぱい頑張り、盛り上げて、楽しい時間を過ごしたいと思う」とあいさつした。貴乃花巡業部長は「沖縄に着いて、長旅の疲れも吹っ飛んだ。明日からよろしくお願いします」と語った。

 史上3人目の通算千勝を達成した横綱白鵬も土俵に上がる。また、いずれもうるま市出身で三段目の千代の勝、幕下の木崎も出場する。

 沖縄開催は2年連続で、来年まで予定されている。沖縄巡業歓進元の竹岡剛さんは「県民も大変期待している。巡業ならではの触れ合いや日本の国技の醍醐味(だいごみ)を披露していただきたい」と歓迎した。

 取組のほか公開稽古や、力士と対戦する「ちびっこ相撲」などがあり、17日は午後2時、18日は午前8時から開場する。問い合わせは実行委員会事務局、電話098(890)5577。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS