「第4回沖縄バーガーフェスタinぎのざ2016」(主催・沖縄バーガープロジェクトチーム)が11日、宜野座村農村公園であった。審査員と来場者の投票で、出場した12店の中から、うるま市の「BONES」がグランプリに選ばれた。

グランプリを獲得したBONESの阿麻和利(あまわり)

 受賞作の「阿麻和利(あまわり)」はスモークした豚ロースや黄金芋、泡盛の酒かすを使用。店長の山内秀一朗さん(28)は「猛烈に勉強して作った」という。来年10月の「とっとりバーガーフェスタ」への出場権を得て、「全国で勝ち、バーガーで地域貢献したい」と意気込んだ。

 来場者は主催者発表で過去最多の約1万人。暖かな日差しの中、バーガーを分け合って楽しんだ。親戚8人で訪れた那覇市の當山葉月さん(37)は「いろいろと食べられる。ウチナーンチュは列に並ばないけど、ここでは苦じゃない」と笑った。

 投票の2位は「てんぷすキッチン」(宜野座村)、3位は「3S cafe」(嘉手納町)だった。