那覇市首里寒川町1丁目のマンション新築工事現場内で発見された米国製50キロ爆弾の不発弾処理が20日午前10時から行われる。避難半径は166メートルで避難対象は約270世帯、約670人、13事業所。

 避難開始は午前9時、周辺の交通規制は午前9時50分から。午前中に終了予定。避難場所は首里観音堂(駐車場)で、現地対策本部も設置される。