2018年(平成30年) 5月22日

沖縄タイムス+プラス ニュース

オスプレイ墜落抗議集会、22日に名護で 翁長知事の出席を調整

 名護市辺野古の新基地建設に反対する政党や企業、市民団体などでつくる「オール沖縄会議」は17日、那覇市内で幹事会を開き、名護市での米軍オスプレイ墜落事故に抗議する集会の開催を決定した。

墜落したオスプレイ

 22日午後6時半から名護21世紀の森屋内運動場で2千人以上の参加を目指し、抗議と同時にオスプレイの配備撤回を求める。事務局によると翁長雄志知事の出席も調整しているという。

 また、県と国の「辺野古違法確認訴訟」を巡り、最高裁判決が言い渡される20日の午後5時半に衆院第一議員会館で報告集会、21日正午に福岡高裁那覇支部前の城岳公園で抗議集会をそれぞれ開くことも決めた。

 玉城愛共同代表は幹事会後の会見で「オスプレイは欠陥機だと県民が指摘する中で墜落した。裁判では県が敗訴の方向となり、国は暴力的に辺野古反対の沖縄の声を踏みにじろうとしている」として各集会を開く意義を強調した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間