沖縄県の翁長雄志知事は20日夜、名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認取り消しの違法確認訴訟で、沖縄県の敗訴確定を受けて記者会見し「深く失望し、憂慮する」と述べ、司法の判断を批判した。一方で「新たなスタートと考えている。あらゆる手法を用いて、不退転の決意で辺野古新基地建設阻止に取り組む」と決意を新たにした。

辺野古違法確認訴訟で県側敗訴が確定し、記者会見する翁長雄志知事=20日午後7時すぎ、沖縄県庁

米軍普天間飛行場の移設先として新基地の建設が予定されている米軍キャンプ・シュワブ=名護市辺野古(本社チャーターヘリから)

辺野古違法確認訴訟で県側敗訴が確定し、記者会見する翁長雄志知事=20日午後7時すぎ、沖縄県庁 米軍普天間飛行場の移設先として新基地の建設が予定されている米軍キャンプ・シュワブ=名護市辺野古(本社チャーターヘリから)

 知事は「確定判決には従う」とあらためて明言した。県は敗訴を受け、26日にも承認取り消し処分を取り消す方向で調整に入った。

 この場合、仲井真弘多前知事が埋め立て承認をした状態に戻り、国は新基地建設の関連工事を再開することが可能になる。

 知事は判決内容に「国と地方を対等・協力の関係とした地方自治法の視点が欠落した判断を示し、結果として問題点の多い高裁判決の結論を容認した」と指摘した。