名護市辺野古の新基地建設に反対する政党、経済界、市民団体などでつくる「オール沖縄会議」は21日、「辺野古違法確認訴訟」で県の敗訴が確定した最高裁判決に抗議する集会を福岡高裁那覇支部前の城岳公園で開いた。700人(主催者発表)が参加し、十分な審理がないままの判決に怒りの声を上げた。

辺野古訴訟の最高裁判決に抗議の声を上げる集会参加者=21日午後、那覇市楚辺・城岳公園

 共同代表の稲嶺進名護市長は「ウチナーンチュは満身創痍で流す血がないくらい、国に裏切られ司法にまで見放された。不当判決に屈せず、今日から新しい闘いに入ろう」と新基地建設の阻止に向けた団結を呼び掛けた。

 オール沖縄会議は22日午後6時半にも名護21世紀の森で米軍のオスプレイ墜落事故に対する抗議集会を開く。翁長雄志知事も出席を予定し、2千人以上の参加を目指す。