沖縄セルラー電話(湯淺英雄社長)は21日から、沖縄県内の受験生を応援する「おきなわ受験生応援プロジェクト」を実施している。来年2月27日まで。

au絵馬殿で学生に声援を送った北川コンシューマ営業部長(中央)=21日、那覇市・沖縄セルラー

 受験生たちの願いが書かれた絵馬を、那覇市の沖縄セルラー電話本社1階ロビーに設置したau絵馬殿で預かり展示した後、1月上旬(センター試験)と3月上旬(高校入試)に沖宮で合格祈願して奉納する。

 絵馬は沖縄県内のauショップ全店舗で配布するほか、プロジェクト特設サイトと専用申込み書(郵送)からの応募で自宅に届く。プロジェクトは今年で4年目。昨年の絵馬は2千枚になった。

 auショップでは期間中におみくじも行っており、「超吉」の図書カード2千円分か「大吉」のキットカットが当たる。

 同日、au絵馬殿で祈願祭を行った北川孝之コンシューマ営業部長は「一人でも多くの受験生に絵馬を届け、応援したい」と話した。