台湾の国立故宮博物院が所蔵している、琉球王国との外交に関する清朝の公文書572件をまとめた「清代琉球史料彙編(いへん)」4冊がこのほど、同博物院から発刊された。公文書は18世紀前半から19世紀の170年間に作成されたもの。事業に携わった琉球大学の赤嶺守教授は「新しい歴史の世界の扉が開かれた。この資料を基に今後研究が深まり、新しい琉球の歴史像が作られていく」と意義を強調した。

台湾の国立故宮博物院の公文書群から、琉球王国に関する文書を抜き出して発刊した「清代琉球史料彙編」の4冊と付録

 発刊を助成した沖縄美ら島財団と、付録「冊封使行列図」発刊を助成した琉大国際沖縄研究所が27日、首里城公園管理センターで会見し、発表した。

 出版された4冊は雍正(ようせい)2(1724)年から光緒(こうちょ)17(1891)年の公文書273件を収録した「宮中檔硃批奏摺(きゅうちゅうとうしゅひそうしょう)」の上・下巻と、乾隆(けんりゅう)12(1747)年から光緒20(1894)年の行政文書299件を収録した「軍機處档案奏摺録副(ぐんきしょとうあんろくふく)」の上・下巻。

 「宮中―」は清朝の宮中に保管されていた公文書で、役所や官僚が皇帝に出した文書に、皇帝が朱筆で指示を書き込んだもの。「軍機處―」は18世紀に作られた皇帝の最高諮問機関「軍機處」に残された公文書の写しという。当時の役人が実務用に行書で筆写したため、現代では読むのが困難になっているが、故宮博物院の研究員が原文に楷書を添えたことで、専門家も読解可能になったという。

 同財団琉球文化財研究室の上江洲安亨室長は「台湾の故宮博物院が所蔵している清朝時代の外国関係の公文書の公開出版は、沖縄が初めて」と希少性を指摘。

 赤嶺教授は県が1989年から編集している琉球の外交文書「歴代宝案」の校訂・訳注作業の基礎資料になるとした上で、「清との関係国で北京と台北から体系的に行政文書を集めてきた地域はどこにもない。沖縄は今後の中国史研究において、トップクラスになる」と述べた。

 清朝の琉球関係の公文書は中国・北京の第一歴史档案館も別の文書群を所蔵しているが、1993年から2009年にかけて沖縄銀行と同財団が助成して、計7巻を刊行している。