沖縄本島地方は27日、前線や大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で、各地で強い北風が吹き、気温が下がった。国頭村奥では午後7時に最低気温13・8度を観測。南城市糸数では午後4時50分、最大瞬間風速21・5メートルを記録した。那覇市では寒風の中、ストールを身にまとい、足早に歩く人の姿が見られた。

北風が吹く中、足早に横断歩道を渡る人たち=27日午後5時すぎ、那覇市久茂地(渡辺奈々撮影)

 沖縄気象台によると、28日の本島地方は寒気が南下する影響でさらに冷え込む見通し。那覇の最高気温は19度、最低は16度を予想している。