沖縄労働局(待鳥浩二局長)は27日、来春卒業予定の高校生の就職内定率が11月末時点で59・7%(前年同期比5・9ポイント上昇)、大学生の内定率が51・2%(同11・5ポイント上昇)で、どちらも前年同期を上回ったと発表した。 就職内定者数は高校生が1396人で前年同期比11%(138人)増となった。