琉球大学管弦楽団は28日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開かれた第60回記念定期演奏会の収益金の中から30万円を、子どもの貧困問題を支援する「沖縄こども未来プロジェクト」に贈った。同楽団の翁長くるみ団長が豊平良孝沖縄タイムス社長に目録を手渡した。

豊平良孝社長(手前左)に支援金を贈る翁長くるみ団長(同右)=宜野湾市・沖縄コンベンションセンター

 翁長団長は「私の周りにも親がいなかったり、恵まれない子ども時代を過ごしたりした友人がいた。沖縄出身の大学生として少しでも力になれれば」と話した。

 同プロジェクトは沖縄タイムス社が今年2月に創設。沖縄の子どもの貧困問題の解決に取り組む民間団体を支援し、これまでに13団体に約457万円を助成している。