大弦小弦

[大弦小弦]「(日本が妥協すれば)絶対に沖縄は返さない」…

2016年12月29日 13:55

 「(日本が妥協すれば)絶対に沖縄は返さない」。60年前の日ソ共同宣言の際、当時のダレス米国務長官が日本側に突き付けた「恫喝(どうかつ)」である

▼ソ連は北方4島のうち、歯舞と色丹の2島返還によって米国の沖縄返還を促し、日米関係にくさびを打つことを狙った。対する米国はソ連がのめない4島一括を日本側に要求させ、日ソの友好関係樹立を阻もうとしていた

▼先の日露首脳会談後の共同会見で、ロシアのプーチン大統領が触れた戦後史の逸話である。ロシアにとって北方領土問題は、対日政策ではなく、日米同盟の問題だと言いたかったのだろう

▼痛感するのは、沖縄が大国間の政治的駆け引きのカードとして扱われてきたことである。プーチン大統領との信頼関係をアピールした安倍晋三首相はきのう、ハワイ真珠湾で犠牲者を慰霊し、オバマ米大統領との首脳会談では、日米同盟の深化を評価した

▼沖縄にとって75年前の真珠湾攻撃は、「捨て石」となった沖縄戦、敗戦後27年間の異民族統治の出発点だった。「希望の同盟」と演説で強調した安倍首相が米国に胸を張ったのは、県民の反対を押し切り強行した新基地建設の工事再開である

▼またしても、沖縄は日米の「希望」の名の下にカードとして使われた。ダレスの「恫喝」にひれ伏す日本政府の姿が浮かぶ。(稲嶺幸弘)

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム