年末年始を沖縄で過ごす人たちの帰省ラッシュが始まっている。29日、那覇空港到着ロビーは大きなスーツケースやお土産を手にした帰省客や観光客、出迎えの家族連れらで混雑した。

正月休みに入り、帰省や観光客でにぎわう到着ロビー=29日、那覇空港(山城知佳子撮影)

 熊本県から子ども4人と帰省した保育所勤務で宜野湾市出身の大森綾乃さん(38)は「正月を沖縄で過ごすのは、いつ以来か覚えていないくらい久しぶり。家族とゆっくり過ごしたい」と話した。娘の日向さん(8)は「ゴーヤーチャンプルーが食べたい」と笑顔。長男の光明さん(14)も「アイス作りを体験する予定。楽しみたい」と語った。

 愛知県で働く弟を出迎えた平良洋子さん(65)は「お疲れさまと声を掛けたい。沖縄そばなど沖縄らしい料理を振る舞い、正月を一緒に過ごしたい」と目尻を下げた。

 航空各社によると、年末年始の予約状況のピークは28~31日、1月2、3日となっている。