新年がスタートした1日、今年も県内各地で「元日ベビー」が産声を上げた。那覇市のたから産婦人科では、安里利江子さん(36)が午前4時56分に次男の武績(むつみ)ちゃん(3204グラム)を出産。長男の武槻(むつき)君(7)は1月2日生まれ、父武士さん(37)は3日生まれで、武績ちゃんの誕生で安里さん一家では正月三が日が誕生日続きとなった。

元旦ベビーの武績くんを囲む(左から)武槻くん、武士さん、利江子さん=1日、那覇市・たから産婦人科

 予定日より3日遅れの出産に利江子さんは「やっと、無事に産まれてよかった」と安堵(あんど)の表情。3人が1月生まれとなり「珍しいですよね。年始は祝い事続きです」とうれしそうな笑顔を見せた。

 出産に立ち会った武士さんは「ずっと楽しみにしていた。予定日より遅れたが、ここまで来たら元日に産まれてほしかった」と大喜び。「来年から誕生日ケーキどうしよう。3日続けて買う?」と家族に問いかけた利江子さんに、武槻君は「3日に3人分まとめて食べる」とはにかんだ。