幼い子どもを育てながら高校の通信制課程に在籍し、高卒資格取得を目指す若い母親を支える取り組みが始まっている。登校時に子どもを預ける保育料を、金融機関が子どもの貧困対策として創設した基金から支出する初のケース。