全国で都市開発やホテル開発などを展開する不動産大手の森トラスト(東京都、伊達美和子社長)は4日、恩納村冨着の「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」の土地の過半と建物、運営権を昨年12月28日付で取得したと発表した。運営権については、イシン・ホテルズ・グループ(東京、マイケル・ニギッチ社長)傘下にあった「サンマリーナ・オペレーションズ」を子会社化した。森トラストグループが県内でホテルを運営するのは初めてで、全国では19軒目。ホテル名は変更しない予定。

アジア太平洋地区の20カ国で115軒目のシェラトンブランドとして開業した「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」=2016年6月、恩納村

 今回、恩納村で所有権と賃借権を取得した土地は計約8万2775平方メートル。取得した建物は、約200室の既存ホテル棟と昨年12月に完成した約46室の新ホテル棟。ことし1月中には屋内プールやスパを備えたウェルネスセンター、3月にはオーシャンビューのチャペルを敷地内にオープンさせる。

 すべての建物を合わせた延べ床面積は約2万9242平方メートル。ほかに、敷地内にある国道を挟んだ東西2区画について今後、具体的な開発計画を練る。

 「シェラトン沖縄サンマリーナリゾート」は昨年6月、サンマリーナホテルを運営するイシン・ホテルズ・グループが、世界72カ国で「シェラトン」を運営するスターウッドホテル&リゾート(米国)とフランチャイズ契約を結んだことに伴い、ホテル名を「サンマリーナホテル」から改めていた。

 森トラストは県内で2軒のホテル建設計画を進めており、宮古島市伊良部島に昨年1月取得した土地7338平方メートルには、19年にも世界レベルのラグジュアリーホテルをオープンさせる予定。15年12月に取得した本部町瀬底島の土地33万5131平方メートルでは、20年ごろに滞在型リゾートホテルをオープンさせる。どちらもホテルのブランド名や運営方式は検討中。