沖縄銀行(玉城義昭頭取)は4日、女性行員が16年ぶりに復活した制服を着用して仕事始めを迎えた。本店営業部の新里杏梨(あんり)さん(25)と幸地紀穂(あきほ)さん(25)は「統一感があって、新年から身が引き締まる」と話した。

新しい制服をお披露目した沖縄銀行行員=4日、那覇市・沖縄銀行本店

 制服は女性行員のアンケートをもとにデザインや色合いを決定しており、着心地など行員の反応は良く、来店客からも「柔らかな雰囲気が生まれ、来店しやすい」との声があった。制服は本店、支店で働く約900人が着用する。

 また、同日は琉球古典芸能で新年を祝う「新春の舞」が本店1階ロビーであった。芸能をたしなむOB、現役行員を中心に琉球舞踊の「かぎやで風」や琉球古典音楽「松竹梅」の斉唱など6曲を披露し、来店者を楽しませた。