沖縄県の翁長雄志知事は5日夜、防衛省がオスプレイの空中給油訓練再開を発表したことに「県民不在と言わざるを得ず、大変遺憾だ」と述べ、オスプレイの配備撤回を強く働きかける考えを示した。

オスプレイの空中給油訓練の再開について、安全性に関する説明が十分ではないとした上で「大変遺憾だ」と述べる翁長雄志知事=5日、沖縄県庁

 その上で、米軍による事故の後、訓練を再開する過程を日本政府が検証する際、県民の意見を反映させる仕組みを構築するよう求める考えを強調した。県庁で記者団に答えた。

 知事は訓練再開に際して稲田朋美防衛相が発表した談話が「給油ホースがオスプレイのプロペラの羽根に接触した原因を完全に特定するには至っていない」とされていたことを問題視。

 「一体何が原因だったか今もって分からない。県も口酸っぱく抗議し原因究明を求めてきたが豆腐にくぎだ。日本政府には当事者能力がない」と懸念を示した。