ロバート・デ・ニーロ演じる祖父が孫と一緒に、「君(俺)の人生はこれでいいのかと問う」旅に出る。

「ダーティ・グランパ」スクリーンガイド

 結婚を控えた弁護士の孫の人生に何の不足があろうか。おまけに祖父は長年連れ添った妻を亡くしたばかりで、喪に服さなければならない時期だというのにだ。真面目を絵にかいたような孫との珍道中は、俺の余生を邪魔するなとばかりに暴走する祖父のおかげで、子供にはみせられないお下劣さをまとうので、そこだけはご用心。

 ただ、それさえも祖父の意図するところで、生き方の是非は、誰かに評価される事が、自らが納得する事に優先されるものではないはずだと語りかける。親の期待など無縁の環境で育ったのでいささかうらやましい関係だが、人生の先輩が若者に伝えることは少なくないと思いたい。(スターシアターズ・榮慶子)

◇シネマQで1月6日から上映