沖縄県は6日までに、県内の小規模離島にレタスなどの葉野菜を育てるコンテナ型の植物プラント(工場)を設置する事業を2017年度から始める方向で調整に入った。対象地域は北大東、南大東、渡名喜の3村を検討しており、17年度中の生産開始を目指す。最大で25種類程度の栽培が可能という。