FC琉球は6日、大阪・阪南大のFW前田央樹(22)、DF新井幹人(22)ら5選手の加入を発表した。ほかの3人は、いずれも韓国籍で建国大(韓国)のMFチェ・ビョンギル(22)、関東社会人リーグ1部VONDS市原のMFカン・ジュガン(22)、柳ケ浦高(大分)のDFキム・ビョンボム(18)。

前田央樹

新井幹人

カン・ジュガン

キム・ビョンボム

チェ・ビョンギル

前田央樹 新井幹人 カン・ジュガン キム・ビョンボム チェ・ビョンギル

 福岡県出身の前田は身長178センチ、体重78キロ。2015年の全国大学選手権で得点王に輝いた。前田は「子どもの頃から夢だったJリーガーになれたことをうれしく思う。感謝の気持ち、ひたむきさを忘れず、少しでも早くサポーターに認めてもらえるよう努力する」とクラブを通じてメッセージを寄せた。