りゅうぎん総合研究所(池端透社長)は6日発表した2017年の県内経済展望で、県内経済は「拡大の動きが強まる」と見通した。消費関連は雇用環境の改善などで、観光関連は入域観光客数の増加から引き続き好調に推移すると予測。建設関連も公共・民間工事ともに需要が高まり、堅調さを維持すると見込んだ。