神戸市内の養護施設に通う児童らが沖縄の自然や歴史などを体験する「笑顔と感動 KOBE夢・未来号・沖縄」の一行が7日来県し、那覇空港で歓迎セレモニーが開かれた。主催は神戸・三宮の商店街関係者でつくる「KOBE三宮・ひと街創り協議会」(久利計一会長)。ことしで9回目の取り組みとなる。

児童を代表してあいさつする太田黒美空さん(中央)=7日、那覇空港到着ロビー

 神戸の6年生35人は1泊2日の日程で、沖縄美ら海水族館や平和の礎、首里城などを巡り、沖縄の文化や歴史などを体験する。

 児童を代表して太田黒美空さん(11)が「学校の授業で沖縄が終戦時にとても悲しい出来事があったことを知った。いろんなことを感じて、思い出の詰まった旅にしたい」とあいさつした。