タイムス女性倶楽部の第41期第4回講演会が8日、那覇市内のホテルであり、マジシャンのマサ・マジックさんが「人を魅了するマジックの世界」と題して講演した。トークの合間にはカードやコインなどを使った妙技を披露し、来場者を沸かせた。

会員に参加してもらいマジックを披露するマサ・マジックさん=8日、那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

 10歳ごろから興味を持ち、テレビで見た世界的に活躍するマジシャンのセロさんのパフォーマンスに衝撃を受け、本格的に練習をするようになった。高校2年で将来の職業をマジシャンに決め、本場米国に渡った。

 昨年は、マジックの殿堂といわれる「マジックキャッスル」のオーディションにトップ合格し「世界的に一流と認められてうれしかった」と話す。

 自身がプロになると決めた時に周囲から反対されながらも、夢を実現したといい、「子どもたちには夢は諦めないで、と伝えたい」とエールを送った。