名護市辺野古のキャンプ・シュワブ工事用ゲート前では9日午前、新基地建設に反対する市民らによる集会が開かれている。ゲート前には県内外から60人が集まり「デマには反論し、現場から発信していくことが大事だ」、「沖縄のことを自分のこととして考えたい」などのスピーチが続いている。工事資材の搬入は確認されていない。

新基地建設に反対して座り込む市民ら=9日午前、名護市・キャンプ・シュワブゲート前

 一方、海上作業もなく、市民らは16艇のカヌー、抗議船2隻出して警戒にあたった。