2015年11月に沖縄県宜野湾市の集合住宅で、生後2カ月の長女の頭を殴るなどの暴行を加え、死亡させたとして、宜野湾署は11日、那覇市松山の自称無職の母親(29)を傷害致死容疑で逮捕した。調べに対し「暴行を加えた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同年11月16日午後2時から翌17日午前6時までの間、当時住んでいた自宅で長女に暴行を加え、死亡させた疑い。

 母親は17日午前7時ごろに救急車を要請。乳児は沖縄本島南部の病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。母親は「朝起きたら長女の反応がなかった」と述べていたという。

 司法解剖で、外傷を受けたことによる「外傷性脳浮腫」の可能性がある、との指摘を受け、沖縄県警が県外の複数の専門医に診断を依頼していた。

 宜野湾署の任意の事情聴取に母親は当初、犯行を否認していたが、11日の逮捕後、「私がやった」と容疑を認める供述を始めた。同署が動機などを調べる予定。