1970年2月の日米協議委員会で、施政権返還を円滑に行うため日米が沖縄に設置した準備委員会について、沖縄の関与を薄めるような文言修正がされていた。削除するよう求める米側に対し、日本は「政治的に重要」と強調、変更で折り合いをつけた。