健康食品製造販売のクレイ沖縄(那覇市、渡嘉敷哲代表)が製造するサプリメント「沖縄伊江島のクワンソウエキス(1カ月分30粒)」が、カタログハウス(東京)が今月発行した通販カタログ誌「通販生活」の「2017春号」に専用商品として掲載された。クヮンソウの成分には睡眠改善の効果が期待されている。13日、沖縄県庁で会見した渡嘉敷代表は「通販大手と組むことで全国的に評価される可能性が高い」と意気込んでいる。

クワンソウエキスの「通販生活」への掲載を喜ぶクレイ沖縄の渡嘉敷哲代表(右から2人目)、農家の照屋徳治さん(同3人目)ら=13日、県庁

 クレイ沖縄は13年、琉球大と同志社女子大との共同研究で、クヮンソウに含まれる特殊アミノ酸「オキシピナタニン」を抽出し、「睡眠改善剤」として特許を取得した。同アミノ酸のエキスは約10年前から錠剤として製品化していたが、特許取得やクヮンソウの認知度向上などが後押しし、今回、同誌に採用された。

 渡嘉敷代表によると、通販生活の同号は全国の会員100万人へ送られ、14日からは10万部が全国の書店で売られる。商品は巻頭特集記事でも紹介された。同誌を通した年間の販売目標は、現在の2倍以上となる5万個に定めた。

 商品の原料は全て伊江島産。農家の照屋徳治さんが約50アールの畑で、無農薬で育てる。将来的には100アールまで栽培面積を拡大する方針だ。

 渡嘉敷代表は「『機能性表示食品』としての登録が目標。沖縄の人にもぜひ飲んでほしい」。価格は1箱税込み3240円。初回に限り、同1620円で販売している。