銀髪の時代 「老い」を生きる

夜通し介護に一人苦悩 苦しい時は心の中で「バカヤロー!」【銀髪の時代】

2017年1月23日 20:00

 「父ちゃん、きょうも頑張ってきてねー」。朝9時過ぎ、豊見城市の住宅街。手を振って夫を「デイサービス」へ見送った玉城千代さん(84)は、足早に家に戻ると玄関の鍵を閉め、電話の受話器を外す。静かなリビングに一人。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。
認知症の私は「記憶より記録」
大城勝史
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 158,134

あわせて読みたい

関連リンク

銀髪の時代 「老い」を生きるのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム