地域防災力向上シンポジウムin沖縄2017が21日午後1時から、那覇市の沖縄県立博物館・美術館3階講堂で開かれる。山口大学大学院准教授で消防大学校客員教授の瀧本浩一さんが「来るべき自然災害に備える!みんなで紡ごう地域の防災力」をテーマに基調講演する。入場無料。

シンポジウムへの参加を呼び掛ける崎浜綾乃さん(右)と平田りつ子さん=沖縄タイムス社

 県民の防災意識を高め、住民や行政・関係機関の連携を強めようと、消防庁、県、那覇市、県消防協会が主催する。県内の消防団長による事例発表やパネルディスカッションもある。

 県防災危機管理課の崎浜綾乃さんは「災害から大切な人を守るため、自助・共助を高めていくことが大切」と説明。県消防協会の平田りつ子さんは「県内の団員数は全国一少ない。学生や若い世代にも活動を知ってもらいたい」と参加を呼び掛けている。

 参加は事前申し込みが必要で、はがき・ファクス・電子メールで受け付けている。「地域防災力向上シンポジウム」と明記し、郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号を記入。宛先は那覇市上之屋314の2サンメディアビル2階「地域防災力向上シンポジウム」係。ファクスは098(862)3548。電子メールはbousai@sun-agc.co.jp