熊本県のPRキャラクター「くまモン」が11日来県し、熊本地震の復興支援の取り組みに感謝した。小学校やアメリカンビレッジなどを訪れ、人々と触れ合った。

くまモンと触れ合う子どもたち=11日、沖縄市立島袋小

熊本地震への支援で「くまモン」からお礼を受ける野国町長(右から3人目)ら関係者=11日、北谷町美浜

くまモンと触れ合う子どもたち=11日、沖縄市立島袋小 熊本地震への支援で「くまモン」からお礼を受ける野国町長(右から3人目)ら関係者=11日、北谷町美浜

「想いが届いてうれしい」 沖縄市・島袋小

 【沖縄】熊本県のPRキャラクター「くまモン」が11日、熊本地震の支援で義援金と千羽鶴を贈った沖縄市立島袋小(加島幸治校長)を訪れ、子どもたちへのお礼と触れ合いを楽しんだ。

 同小では昨年6月、児童会が自主的に支援策を考え、全児童に呼び掛けて集めた義援金と千羽鶴を沖縄タイムス社に託して熊本へ贈った。

 子どもたちが「くまモーン」と大きな声で呼ぶと、くまモンが駆け足で登場し、子どもたちと手を合わせるハイタッチであいさつ。

 児童会を代表して6年の田里逸稀君が「みんなで集めた募金と一生懸命折った千羽鶴の思いが届いてうれしい。復興にはまだ時間がかかると思いますが、心から応援しています」とあいさつした。

 「おうえんありがとうだモン」と書かれた色紙を受け取った児童会長の仲村渠夕七さん(6年)は「お礼に来てくれてうれしい。熊本がちゃんと元通りになってほしい」と話した。

 くまモンは子どもたちにもみくちゃにされながら、一人一人と握手やハグ、タッチをして愛嬌あいきょうを振りまいていた。

応援に感謝 北谷・アメリカンビレッジ

 【北谷】熊本地震の復興支援として、北谷町商工会や観光協会などが取り組んだTシャツ販売のお礼のため、熊本県PRキャラクターの「くまモン」が11日、同町美浜のアメリカンビレッジ大観覧車前広場を訪れた。

 商工会などは、くまモンと北谷町のキャラクター「ちーたん」をプリントしたTシャツを販売し、売上金200万円を日本赤十字社北谷支部を通じて寄付した。

 商工会の米須義明会長は「復興には時間がかかると思うが、支援を広げていきたい。一日も早い復興を祈念する」とあいさつ。野国昌春町長も「息の長い支援が必要で、今後も支援の協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

 熊本県くまもとブランド推進課の石井利幸課長補佐は「徐々に震災前の生活に戻りつつある。応援ありがとうございます」とお礼を述べた。