言葉を話せる猿が話せない人間を支配する未来を描いた米映画「猿の惑星」。主人公が上半身だけ残った自由の女神像を見て叫ぶラストシーンは衝撃だった。猿の惑星は、実は地球だった

▼続編では核爆弾を神とあがめる人々も登場。核戦争の行き着いた結果の恐怖を感じた。原子力発電所も1度事故が発生すれば、取り返しがつかないことは東京電力福島第1原発事故でも明らかだ

▼台湾が脱原発へかじを切った。日本の原発事故で不安が広がったことが大きく、蔡英文総統も総統選で公約に掲げていた。2025年までに3原発6基全てを廃炉にする。政策の大転換と言える

▼台湾は与那国島からは100キロ余り。沖縄とは目と鼻の先だ。2原発は北に位置し、大事故が起きれば風向きによっては県内にも被害が出る可能性は高い。対岸の火事では済まない。全廃を歓迎したい

▼脱原発への受け止めは、貿易に携わる台湾人の友人のように「経済の停滞が心配」との声もあるが、やはり賛成が多い。かたや日本では原発再稼働をめぐって揺れ続ける。今のところ全廃への動きはない

▼「猿の惑星」で科学者の猿が言い放つ。「人間の知恵は愚かさと同居している」と。大事故の当事国でありながら方向性の定まらない先進国日本の対応を見ていると、この言葉が皮肉に聞こえない。(玉寄興也)