22日投開票の宮古島市長選は15日、告示される。保守系無所属で3選を目指す現職の下地敏彦氏(71)=自民推薦=と、保守系無所属で前市議の真栄城徳彦氏(67)、革新系無所属で前県議の奥平一夫氏(67)、中道無所属で医師の下地晃氏(63)=社民、社大推薦=が立候補を表明しており、激しい選挙戦が繰り広げられる。

真栄城徳彦氏

奥平一夫氏

下地晃氏

下地敏彦氏

真栄城徳彦氏 奥平一夫氏 下地晃氏 下地敏彦氏

 現職の下地氏は葬祭場や新ごみ処理施設の整備など2期8年の実績を挙げ、市政継続による経済活性化に力を入れると訴えている。

 真栄城氏は相次ぐ行政の不祥事の責任は現市政にあると批判し出馬を決意。説明責任と法令順守、情報開示の徹底を主張している。

 奥平氏は宮古島への陸上自衛隊配備反対を明確に打ち出し争点化。箱物事業中心の予算編成を福祉や教育重視に見直すとしている。

 医師の下地氏は旧町村部の産業振興で人口減少に歯止めを掛けると強調。国際的な人材育成のため専門学校誘致などを掲げている。

 市長選と同日に市議会議員補欠選挙もあり、2議席の欠員に対し5氏が立候補の意思を示している。市の選挙人名簿登録者数は14日現在、4万3441人(男性2万1460人、女性2万1981人)。