沖縄本島中北部を舞台に15日開かれた「美ら島オキナワセンチュリーラン2017」。国内外から参加したサイクリストは、ほころび始めたヒカンザクラや青い海を眺めながら楽しくペダルをこいだ。大会の様子を写真で紹介する。(写真部・金城健太)

古宇利大橋を渡り、坂道を必死に上る=名護市済井出
青い海と潮の香りを楽しみながら快走する=うるま市・海中道路
「ガンバロー!」。出発前に気勢を上げる参加者=恩納村コミュニティセンター
ほころび始めた桜がサイクリストを迎える=名護市旭川
仲間と昼食のタコライスを頬張る=金武町・ネイチャーみらい館

【関連記事】

中北部の自然を満喫 美ら島オキナワセンチュリーラン2017

【写真特集】美ら島オキナワセンチュリーラン2016