2月12日投開票の浦添市長選に向け、沖縄タイムス社は16日、立候補を表明している現職の松本哲治氏(49)=無所属、自民、公明推薦、新人で浦添市議の又吉健太郎氏(42)=無所属=の2氏を那覇市久茂地の本社に招き、座談会を開いた。

互いの健闘を誓い握手を交わす松本哲治氏(左)、又吉健太郎氏=日、沖縄タイムス社

 米軍那覇港湾施設(軍港)の移設受け入れについて、松本氏は「県、那覇、国と足並みをそろえて容認している」と述べ、又吉氏は「市民投票が民意を反映する最も適切な方法だ」と主張。2氏の考えに違いが見られた。

 西海岸開発については、松本氏が「現行計画を見直し、キャンプ・キンザー返還跡地との一体的な開発を目指す」のに対し、又吉氏は「現行計画をベースに軍港問題と切り離して1年以内の事業再開を目指す」と、意見が分かれた。

 2氏は子育て支援や福祉、経済振興などについてもそれぞれの政策を訴えた。