【東京】東京MXテレビの番組「ニュース女子」が米軍ヘリパッド建設の抗議行動に関し事実と異なる報道(2日放送)をした問題で、同社は16日の番組後に見解を公表した。「さまざまなメディアの沖縄基地問題をめぐる議論の一環として放送した」とし、「今後とも、さまざまな立場の方のご意見を公平・公正に取り上げていく」と音声と文字でメッセージを伝えた。番組中も含めて事実誤認への説明はなかった。

東京MXテレビの「ニュース女子」の沖縄リポートに関し、番組で流れたメッセージ=16日