ウォルト・ディズニー・ジャパンは17日、沖縄県出身の屋比久知奈(ともな)さん(22)=琉球大学4年=が3月10日公開のアニメーション映画「モアナと伝説の海」で日本語版主役の声優に決まったと発表した。屋比久さんは同社を通じて「夢みたいで信じられない」と喜びを語った。

日本語版モアナ役の屋比久知奈さん(右)と英語版同役のアウリィ・カルバーリョさん=ハワイ州(提供)

 これまでのディズニー作品は「塔の上のラプンツェル」を中川翔子さん、「アナと雪の女王」を神田沙也加さん、松たか子さんら有著名人が声優を務めた。新人が抜てきされるのは異例。

 屋比久さんは昨年の「全国拡大版ミュージカル・ワークショップ『集まれ!ミュージカルのど自慢』」で最優秀賞を受賞。その実力が認められ、モアナ役を射止めた。

 物語は、モアナが世界を守るため大海原へ飛び出す冒険劇。屋比久さんがミュージカル仕込みの演技力で挑んでいる。透明感と力強さを備えた歌声で、主題歌「How Far I’ll Go」も歌う。

 屋比久さんは「モアナは悩みながら一歩一歩強く進んでいく。誰もが経験することなのでたくさんの方々に共感していただけると思う」とコメントした。

 県内スターシアターズ系の映画館で上映予定。