【うるま】米軍が事前通知した日付を誤って津堅沖でパラシュート降下訓練を実施した問題で、うるま市議会(大屋政善議長)は18日、臨時会を開き、津堅島訓練場水域でのパラシュート降下訓練の中止を求める抗議決議と意見書案を全会一致で可決した。

 抗議決議と意見書では、2015年に事前通知なしで実施されたパラシュート降下訓練などをあげ「米軍の通報体制のずさんさに強い憤りを禁じ得ない」と批判した。

 事件事故の際の通報体制を検証し、改善のための対策を講じることも求めた。

 市議会は同日、沖縄防衛局を訪ね、意見書を手交する。