米軍が18日夜、沖縄県宜野座村松田区潟原の国道329号を封鎖し、故障したキャンプ・シュワブ所属の水陸両用車2台を民間のトレーラーに載せた。封鎖は午後10時半ごろから断続的に1時間以上続き、少なくとも120台の車が最大20分ほど足止めされた。

トレーラーに積み込まれる水陸両用車=18日午後11時すぎ、宜野座村松田の国道329号

 警察官ではなく、米兵が通行規制に当たった。通りがかった沖縄市の男性(39)は「110番したのに、言葉の通じない米兵が規制している。怖いし迷惑だ」と話した。米兵らによると、2台は故障のため16日から止まっていた。