嘉手納署と沖縄県警生活保安課は17日、那覇市の国際通りで、複数の男性に女性と売春をさせる目的で声を掛けたとして、客引き従事者の60歳の男=豊見城市=と64歳の男=浦添市=を売春防止法違反の疑いで逮捕した。

【資料写真】那覇市・国際通り

 嘉手納署によると、昨年12月5日午後8時半ごろ、60歳の容疑者が「辻のソープランドで若い子がつきますよ」と複数の男性に声を掛け、64歳の容疑者が運転する車に乗せたという。

 嘉手納署は、那覇市辻の風俗店を経営していた39歳の男=那覇市=を売春防止法違反(場所提供)の疑いで現行犯逮捕し、起訴している。