【東京】沖縄ファンらでつくる「大好き沖縄の会」(出口富美子代表)の新年会がこのほど、東京・練馬区役所で開かれた。40人以上が和やかに歓談し、交流を深めた。

舞台で近況報告や抱負を語る「大好き沖縄の会」のスタッフら=東京都・練馬区役所

 出口さんら沖縄を好きな人たちが1997年、エッセーや沖縄に関する情報を掲載する手作りの雑誌「大好き沖縄」を発行。約20年がたち、65号を数える。会員は200人で毎年、沖縄の離島などを巡る「キジムナーツアー」を実施し、島で草の根交流を続けている。

 出口さんは「『沖縄と大和をハートの温度で結ぶ』がモットー。沖縄に思いを寄せ、地道に続けたい」と話した。沖縄から取り寄せた野菜や果物の創作料理がテーブルに並び、舞台では三線や琉舞が披露された。